HPbuilder素材集より

おれの小樽

           石原裕次郎

前奏


夕日とかした海に染められて
子ども二人が家路を駆けて行く
かえらぬ昔の夢をみるような
おれの小樽は港町
おふくろ俺の名 呼んでくれ



遠い季節を語る運河には
釣りを教えたおやじを映す影
レンガの倉庫は変り果てたまま
おれの小樽の歳月を
たどれば心に 雪がふる


時がすぎても胸が痛むのは
風の冷たさ恋した暖かさ
さすらい流れてふと立ち止まる
おれの小樽は坂の街
別れたあの日が 見えかくれ