時代おくれ 

           河島英五

 作詞 阿久 悠 
 
 作曲 森田公一 
 
 歌  潮見楽歩 

一日二杯の酒を飲み さかなは特にこだわらず
マイクが来たなら微笑んで 十八番を一つ歌うだけ
妻には涙を見せないで 子供に愚痴をきかせずに
男の嘆きはほろ酔いで 酒場の隅に置いて行く
目立たぬようにはしゃがぬように 似合わぬことは無理をせず
人の心を見つめつづける 時代おくれの男になりたい



不器用だけれどしらけずに 純粋だけど野暮じゃなく
上手なお酒を飲みながら 一年一度酔っぱらう
昔の友にはやさしくて 変わらぬ友と信じ込み
あれこれ仕事もあるくせに 自分のことは後にする
ねたまぬようにあせらぬように 飾った世界に流されず
好きな誰かを思いつづける 時代おくれの男になりたい



目立たぬようにはしゃがぬように 似合わぬことは無理をせず
人の心を見つめつづける 時代おくれの男になりたい